ブルーベリー手摘み収穫についての基本知識や最後まで美味しく食べる方法

農業・園芸

ブルーベリーの収穫は6月中旬~8月下旬ごろまで

私は北海道でブルーベリー栽培しているので、ノーザンハイブッシュ系をメインで育てています。なので収穫時期も自然と早くなり、7月が収穫のピークでした。8月現在は今年最後のぽろぽろ残ったのを採っています。

本州の方で育てるブルーベリーはどうやら8月が収穫のピークになるようで、今頃わんさかなってるでしょうね。家庭菜園のブルーベリーでも、数本だけでかなりの重量が収穫できると思います。

1本の収穫量が多いのは

一番収穫量が多いのは断トツでラビットアイです。ハイブッシュ系と比べて倍以上とれると言っても過言ではありません。収穫可能な3年生なら300g前後、それからおよそ7年生にかけてどんどん増えて、最終的には1本の苗から5kg以上取れます。 逆に一番少ないのはノーザンハイブッシュです。

お庭で沢山収穫したい方は、気候が合うのならラビットアイ系から選ぶことををおすすめします。収穫量は剪定によって大きく変わるので、剪定はブルーベリー栽培の中でも本当に重要で難易度が高いのです…。

ブルーベリー収穫は手作業で丁寧に!

ブルーベリーはどんなに規模が大きい農園でも、日本ならばだいたい手摘みです。機械収穫の様子は私も見たことがありません。

収穫は、房を両手で包んで親指でぽろぽろと落としていくイメージです。トマト収穫と似ていますね。人によって収穫方法は変わりますが、個人的にはこれが一番実を傷つけず粉を落とさないと思います。実を直接つままないで、軸の部分から指をひっかけてとるのがポイントです。文字にすると全然イメージ湧かないですねスイマセン。次の収穫までに写真を用意したいと思います。

そして収穫の際は、薄手のゴム手袋を着用することをおすすめします。量が多いと色素や汁が手に付きますし、意外と実にも虫がついています。特に小さいクモやアリが…。

実に付いてる白い粉は絶対落とさない!

~ビズの足を添えて~

ブルーベリーは実が色づいてくると白い粉が表面に付きます。この写真のブルーベリーにもまんべんなく付いていますね。これは「ブルーム」と言う粉で、鮮度の証とも言われるとても良いものです。無味で、そのまま食べても問題ありません。というか、そのまま食べてください。

ブルームはブルーベリーを保護する役割を持っていて、ブルームが落ちていると商品価格まで落ちます。店頭でブルーベリーを選ぶ際には、購入前に是非確認してくださいね。

落ちる原因としては、実同士がぶつかりこすれ落ちる・激しい雨や台風が挙げられます。

冷凍ブルーベリーのすゝめ

あまりにも沢山収穫出来ちゃったり、あんまり見栄えが良くない(キズなど)時は、一旦冷凍するのも手です。もちろん長持ちさせたい場合は良いものでも何でも冷凍しちゃいましょう。何ヶ月かは持ちますが、出来るだけ早めに食べた方が良いです。

ただ、当然鮮度はガッツリ落ちるので、冷凍したものは冷凍のまま食べたりジュースやジャムに加工してください。一旦解凍して生で食べるのは、多分ですが非常に美味しくないです。

ビズ
ビズ

ちなみに、うちのブルーベリーは生食用と冷凍用で価格が2倍違うぞ。

一番おいしく食べるために収穫時期を見定めよう

果物は熟してからや腐りかけ一歩手前が美味しいとよく言われますが、ブルーベリーの場合は柔らかくなる前が一番おいしい時期だと思います。

食べごろの見極めについてですが、ただ実が色づいただけではまだまだ酸っぱい可能性もあります。美味しく食べれる実になった目安としては、軸の部分も色が変わり始めてる部分に注目しましょう。

はっぱにピント合わせてしまい申し訳ないです。

この写真の色付いたブルーベリーは、軸もピンクで食べごろです。実がピンクの方はまだ軸も黄緑ですね。実がキレイに色付いても、こんな感じで軸が緑だったらまだ収穫には早いでしょう。ブルーベリーは1度取ってしまうと、トマトのように甘さが増したり色が変わることが無い(追熟しない)ので、収穫時期の見定めは重要なのです。

こちらは一見食べごろに見えますが、まだ軸が緑なのでもう少しだけ日を置くべきです。もぎ取られている部分の軸はちょっと先が紫ですね。こんな感じで軸の色が変わっていきます。

ブルーベリーは品種が違えば1ヶ月は収穫時期がズレることもあります。家庭菜園でも2品種以上は育てていると思いますので、少しずつ食べながらでも一番おいしい時期を見つけ、それぞれ好きなようにブルーベリーを堪能しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました