これ一つで明晰夢を楽しめた!明晰夢を見る確率を上げる方法

生活

胡散臭いタイトルですが、何かを売りつける気は一切ありません。

私がよく明晰夢を体験するので、見やすくなった理由やコツを独自にお送りします。夢って内容だけでなく見方もそれぞれなので一概にコレとは言えませんが、やってみる価値はあると思います。

くろむ
くろむ

僕が2012年から実行している方法を教えます!コレを始めてから週に1日は「夢だ」と自覚するようになったぞ。

※私は専門家でも、ましてや心理学を学んでいたことも1度もありません。あくまで体験談ですので、その点はご容赦ください。

明晰夢の定義とは

明晰夢(めいせきむ、英語:Lucid dreaming)とは、睡眠中に見る夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。明晰夢の経験者はしばしば、夢の状況を自分の思い通りに変化させられると語っている。(wiki引用)

明晰夢と呼べる夢は、夢の中で自分が「これは夢だな」と思っていることですね。夢を自由にコントロールできることを直接に明晰夢と呼ぶわけではなさそうです。

明晰夢は体が寝ているのに脳が半分起きているため、ある程度夢のコントロールが出来ると考えられています。そしてもちろんですが、特定の条件で確実に発動するものではありません。

しかし「半分覚醒状態」と言うヒントから明晰夢を見やすくする方法はいろいろ考えられてきました。

一番明晰夢の確率を上げる方法は夢日記

あくまで私の方法ですが、これは「夢日記を付けること」に限ります。夢ってどうしてもすぐ忘れちゃいますが、夢日記を付けることで夢の内容が覚えやすくなります。

そのメカニズムはさっぱりわかりませんが、おそらく夢の内容をもう一度現実の脳で反復することによって記憶を刻み付けているんじゃないでしょうか…。

メモは絶対起きてすぐに!例え夜中でも、朝方でも…

ビズ
ビズ

インパクト強い夢だったから、今日はずっと覚えてるだろ。眠いし書くのは後でいいや。

くろむ
くろむ

それダメ!夢の内容は覚えている自信があっても起きてすぐ書くんだ。忘れない時もあるけど、ほとんどの場合は起きて5分経つと忘れるぞ。眠いけれど我慢して書くんだ!

起きて夢を覚えているのであれば、すぐにメモを取ってください。トイレに行きたくても、メモを取りながら行ってください。トイレから帰ってきた後にはある程度頭も覚醒してるでしょうし、もう忘れています。出来れば動かずに夢の内容を最初から思い出して書いてください。

メモはスマホでも紙でもOK

メモは紙でもスマホのメモ帳でも構いません。自分が扱いなれている方が良いと思います。実際のメモ帳が一番いいかもしれませんが、何せ寝起きで使うものですからすぐボロボロになってしまうでしょう。しっかりしたノートは、書く際新しいページまで開くのが手間です。あとから整理して書き直すことを前提とするならばメモ帳やスマホが良いでしょう。

くろむ
くろむ

僕はiPhoneのメモ帳で書いてるぞ!すぐ開けるし勝手にバックアップも取れるからおすすめだ!ミミズ文字で後から判別できないことも無いしな。

メモ取りはできれば具体的に

見た夢の出来事全てを書き記すつもりで書いてください。具体的である方がより夢を思い出しやすくなります。書く過程で忘れることもありますので、単語だけを書くのもOKです。人に見せるものではないから、恥ずかしがらず素直に書くのが大事!

夢の中の出来事はもちろんですが、覚えているのなら夢の中の自分の感情も書いておきましょう。夢と現実は同じことが起こっていても、考えることや感情が正反対である可能性もあります。

極端な例えですが、大切なものが壊れた夢を見てそれが夢だと分かっているのに、なぜかうれしくてたまらなかった、など…。起きてから「いやいやなんでそんなこと思ったんだ」なんてことは珍しくありません。

メモ取りで脳に夢を刻み付ける

メモを取ることにより、日が経ってもメモを見返すことで夢を鮮明に思い出せるようになります。夢を思い出せるからって何になるのか?それはわかりません。

ただ、夢日記を付けて定期的に前の夢を思い出すことで、何となく幸せな気持ちになれます。毎日の夢が1つの物語なので、なんかたのしくなります。見返していると幸せになります。(メモを書き取ること自体に意味があるらしい)

参考までに、私が昔に書いたメモを公開します。寝ぼけながらなのでこんな風になります。流石に誤字脱字したら後から直します。

ハリネズミは現実でも飼ってます。
ビズ
ビズ

俺死んでんだけど!!?

くろむ
くろむ

ウケるw

最初は週1でも問題ナシ、覚えている日だけ書こう

ビズ
ビズ

夢なんて全然覚えてないよ。単語すら書きだせない。夢を見たのかすら分からないんだよ?どうすりゃいいのさ。

夢日記を書こうと思っても、そもそも夢を見ない(覚えていない)日だってあります。そんな時は飛ばしても全然問題ありません。無理に思いだそうとする必要もないですよ。

もし覚えていなくても、夢を見たかもしれない日は日常生活のふとしたところでパッと思い出すかもしれません。そんな時は単語や情景だけでも書きだしてください。そこから芋づる式に思いだすこともあります。

最初は夢日記に書けるような夢を見ることも稀です。ですが、少しずつ書く日数が増えていくうちに夢日記が書けるようになるのです。

どうして夢日記で明晰夢が見やすくなるのか

上記のように、夢を思い出してニヤニヤするには良いことですが、本質はそこではありません。夢日記を書き夢を脳の引き出しにしまっておくことで、どんどん「覚えやすい夢」を見る確率が上がります。

言い方を変えると、メモに取りやすい夢を見れます。日記を書く頻度が上がり、最終的には毎日でも書けるようになるかもしれません。

くろむ
くろむ

僕はだいたい書き始めて1ヶ月経たないうちに覚えやすい夢を見る頻度がグンと上がったな。

逆に眠すぎて書くことを放棄していくと、また書ける夢が見づらくなるぞ。夢日記は継続が大事!

明晰夢と睡眠時間の関係

これも体験談ですが、二度寝をすると心なしか二度寝時の方が夢を見やすくなります。きっと眠りの浅いレム睡眠時だからでしょう。

二度寝後の数十分~1時間くらいが夢と現実の狭間であると思いますので、現実味のある夢を見やすい…のかな?所謂寝ぼけ状態です。メチャクチャリアルに登校出勤する準備をしているのに、現実では寝てる…なんて寝ぼけ状態の最たる例ですよね。

ノンレム・レム睡眠について

ノンレムがぐっすり寝ている状態で、レムが少し浅めの眠りです。レム睡眠時が一番見た夢を覚えやすいと言われています。なので、きっと明晰夢はレム睡眠時に見れるものなんでしょう。

そのため明晰夢を見やすい時間やタイミングは、睡眠時間では変わりません。レム・ノンレムの周期によって変わります。

「夢日記を書くと狂う」は何故?

くろむ
くろむ

これは個人的に興味深い…夢日記を書くと狂ってしまうとは、都市伝説のようだね。

どうしてそんな噂が広まっているのか、その多くは「夢と現実の区別がつかなくなる」ことでした。

夢がリアルになっていくから、夢が鮮明になり明晰夢を見られるようになるから、リアルになった分悪い事も現実世界のように見えてしまう、そして夢日記を書くことで忘れられなくなる…

などの悪循環が出来上がっているので、本当になるのならばたまったものではありませんね。

ビズ
ビズ

繊細な人や環境に敏感な人は喰らいやすいかもしれないな。

くろむ
くろむ

夢日記を7年以上続けてる僕が狂っていないのが、ただの都市伝説だという証拠だ!

くろむ独自の見解(長いです)

「明晰夢を続けてみると身体が休まらない」とも言われていますが、私は明晰夢はレム睡眠時に起こるものだと思っています。

いくら長い夢を見ていても、現実の時間にしては10分しか経っていなかった、なんてことを経験したことは無いでしょうか。毎日明晰夢を見ていたとしても、レム睡眠時だけ見ているとしたらきっと体は休まっているはず。

確かに明晰夢が脳のクセとなってしまい、レム睡眠が通常より長くなることはありえます。しかし僅かな時間伸びたくらいで疲れが取れないとは考えられません。

嫌な夢を見たら気疲れはあるでしょうけど、夢日記を書いて夢の内容を脳に記憶させるくらいは、脳への負担は全く無いと思えます。

なので、明晰夢を見ると熟睡できていないから体が休まらない、と言うことはないと思います。睡眠中ずっと明晰夢を見ているんだと錯覚しているから疲れると感じているのでは?

8時間睡眠ならば、大体その中でで5回ほどレム睡眠になる時がありますが、その1回のみが明晰夢だった。そんなイメージなので、あまり身体に負担が掛かると思えないのです。全てのレム睡眠時で夢が続いているとしたら…それはもう身体は全く休まりませんね。

明晰夢が夢をコントロール出来るとは限らない

明晰夢で好きな事を好き放題やりたいところですが、これは夢だと自覚出来たところで好きに動けるかどうかは別の話です。

くろむ
くろむ

僕は明晰夢でも出来る事と出来ない事がはっきりしてるから、あんまり楽しくないぞ。空は飛べるけど、自由に飛び回れることなんてほとんどない。日によって違うけどさ。

夢だと分かっても、夢と現実の性格や欲望が違うから、起きた時に「なんでアレしなかったんだ」とか後悔するこも多々ある。

その点も大きく人それぞれになるので、出来る人は明晰夢を見ることで好き放題遊べるでしょう。それは明晰夢を見てみないとわからないので、まずは夢日記からチャレンジしてほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました