初めてのブルーベリー栽培に絶対必要な道具はコレ!

農業・園芸

ブルーベリーの収穫は3年目から!購入時に気を付けよう

ブルーベリーは人気の果物ですが、トマトやバジルのように植えたその年には収穫できません。通常で3年目から収穫可能なので、すぐに収穫したいのならば絶対に3年生(3年苗)を購入すべきです。

ブルーベリー栽培に必要な道具

直接庭に植える地植えでもプランター栽培でも、基本的な道具は変わりません。全てホームセンターでも通販でも購入可能です。こちら、3年目の苗購入を前提とした道具です!

  • 3年苗2本(1本2000~4000円前後)
  • 8~10号鉢2つ
  • ブルーベリー用土10~15L
  • 剪定ばさみ(最悪後ででもOK)
  • 手袋(200円くらいのでOK)

上記は本当に必要最低限ですが、これでまずブルーベリーを植えられます。通販ならば道具+苗代のみで10000円程度で揃えられます。高い!3年苗になると1本1本が高く、さらに通販なら送料も掛かるので、車をお持ちならホームセンターでそろえることをおすすめします。

くろむ
くろむ

ブルーベリーの2、3年苗はフツーに1mくらいあるから、

通販では送料もその分高くなるのだ。

ましてや土や鉢を買うとすると、同じところから購入しても

だいたい複数箱で届くぞ。やっぱり現地買いがお得だな!

必要に応じて道具は買い足していきたいところですが、基本的に年中使う道具は上記のもののみなので、これ以降費用がかさむことは無いと思います。強いて言うなら少量の肥料や植え替え時の土・新しい鉢ですね。肥料以外は次の年以降になるので、今は気にする必要はありません。

プランター栽培でバークチップは必要ナシ

バークチップとは主に苗周りに蒔くもので、主に雑草の抑制や乾燥を防ぐ目的で使われます。

庭に直植えや苗の本数が多いならあって損は無いですが、苗2本程度ならば雑草もすぐ手で抜き取れるし、水やりの手間も少ないので、チップを蒔く・管理する手間の方が大きいです。

鉢植えのサイズはどうやって決める?

ブルーベリーを植える鉢は、成長を見て大きさを変えていきます。目安としては1年ごとに2号ずつサイズアップするのが理想的です。

1年目なら6号、2年目なら8号、3年目なら10号で良いでしょう。サイズ選びに自信が無いのなら、少し大きめのものを選んでくださいね。

鉢はスリット鉢がおすすめ

ブルーベリーのプランター栽培は、通気性がよく水はけもよいスリット鉢をおすすめします。鉢のサイズを最大限に生かして根を張ってくれるので、強いブルーベリーが育ちます。

ビニール鉢でも排水性があれば全く問題ないので、予算やデザインで決めても問題ないです。

剪定ばさみはこの形が一番使いやすい

よく見る形ですが、ブルーベリー栽培においてはほぼこの形のはさみが使われています。植えるときには必要ありませんが、3年目なら植えた年から必要になるので早めに入手しましょう。

だいたい2000~3000円で購入できますが、プランター栽培でのブルーベリーならばもう少し安価で済ませたいところですよね。通販サイトのモノタロウではアルミ製のはさみが1000円以下で購入できるので、一度見てみてください。

モノタロウのはさみページ

ブルーベリー初心者セットでも十分OK

良さげなセットを見つけました。ブルーベリーは3年目から収穫できますが、その割には初心者用の3年苗セットが無いと思っていましたが、これは非常にお手頃価格で良いセットだと思います。

お住まいの地域に合った品種グループを選べますし、鉢と土、肥料までついてこの値段だったら始めやすいですね。後からはさみなど買い足す必要はありますが、まずはこれでも問題ありません。

道具はこれでOK!まず植えよう

今回紹介した道具があれば、とりあえず植えることはできます。水やりはコップでもできますし、スコップ(移植ゴテ)が無くても手袋があれば土は触れますしね。それよりもなによりも一番必要なのは、鉢がサイズアップしても十分なスペースのあるベランダです…。

比較的初期費用が高い果物かもしれませんが、植えて数年収穫を楽しめるブルーベリーですから長く楽しむための投資だと思って、多くの人にブルーベリー栽培を始めてほしいです。

くろむ
くろむ

何故かというと、とれたてが美味しすぎることを知っているから!

ビズ
ビズ

今年はいっぱい食うぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました