行政書士の勉強は通信講座が一番?2つのサービスを使ってみた

生活

国家資格である行政書士、令和元年の今こそ取得のチャンスです。

行政書士試験の主な出題範囲一つ「民法」は、実に120年ぶりの大改正が行われ、2020年4月1日に施行されることとなりました。今まで民法を勉強していた方は、そのままの知識が通用するのは2019年の試験までと考えても良いでしょう。

大手のフォーサイトと合格道場で勉強

くろむ
くろむ

実は僕、行政書士の勉強を2年近くしていたんだ。

試験は1回しか受けていないけど、10点足りず…

1年目はフォーサイト、2年目は合格道場を主に使って勉強してるぞ。

一般知識や記述問題対策で数種類の問題集を使いましたが、基礎知識はフォーサイトと合格道場で身に付けました。

せっかく2種類使ってみたのだから、体験談としてまとめます。

大手のフォーサイトは値段の通りの価値だった

実際やってみたら↑も「あー嘘ではないな」と思えたよ。

フォーサイトは行政書士の通信講座として、一番利用されていると思われます。価格はそれなりに高くても、やはり充実した講義やサポートでした。

講座の価格について

バリューセット1

人気もナンバー1

99,600円が69,800円

リューセット2

合格率がナンバー1

129,600円が94,800円

バリューセット3

全額返金保証対応

149,400円が109,800円

2019年6月現在は2019年・2020年それぞれに対応した販売されていて、一番人気の「バリューセット1」が税込み各69,800円で提供されています。他のセットも2019・2020年で価格は同じです。

くろむ
くろむ

やっぱり勉強する前は「高いなー」と思ったけど、

僕は絶対独学じゃムリだと思ったし、やるなら頑張りたいと

思ったから、お金かけてでも一番評判良いところを選んだよ。

ちなみにバリューセット1にしたのだ。

試験は11月ですから、2020年版なら民法改正が施行された後になりますね。と言うことは内容も改正後のモノとなっているのでしょう。今年受験したい人は2019年版をおすすめします。

3つすべて教育訓練給付制度対象の講座ですので、雇用保険に加入している人は「教育訓練給付」についても要チェックです。

全額返金保証とは?

私が買った時には無かったぞ…。

2020年度のバリューセット3に限り、全額返金保証が受けられます。ただ条件もそれなりに厳しいので、本気で合格したい方向けの制度にはなっています。

  • 全ての確認テストで100点を取る(何度でもチャレンジ可)
  • 専用試験を2回受験、150点満点のうち平均120点を取得
  • 本試験で合格基準の9割を満たす&足切りの点数以上取得(一般知識の24点以上など)
  • 本人確認書類提出
  • 本試験後教材の返送

これらが全額返金のための条件です。こう見ると非常に厳しく思えますが、実際勉強を進めていくと難しい条件ではないので、本当に2020年までに受かりたいならこのコースはおすすめです。プレッシャーややる気にもつながりますしね。

基礎講座のテキストが分かりやすくて助かる

他のサイトでもさんざん言われていましたが、フォーサイトのテキストは非常に見やすいです。下のリンクはサンプルテキストですので、一度見てみてください。

https://www.foresight.jp/pdf/sample/text/gyosei.pdf

正直「カラーもモノクロも関係ある?やる気あればどっちでも出来るでしょ?」と思っていましたが、フォーサイトのテキストでずっと勉強していたので、他のテキストを見ると「見づらい…恋しい…」と思ってしまいました。記憶に残りやすいし細かく分かりやすく説明されているので、今でも絶対に手放せません。

くろむ
くろむ

僕はよくテキストに書き込むので、

わざわざ空いたスペースが用意されていることも

嬉しかったよ。おかげでほとんどのページメモばっかり!

実際に使ってうれしかったところ1:講義映像の質が良い!

フォーサイトでは基礎知識を固めるために、講義映像にも力を入れています。Youtubeにサンプルがありますのでどうぞ。

2019年度 行政書士 サンプル講義
実際の講義と同じような映像は半分あたりから。

基礎講座・過去問講座はだいたいこんな感じです。ただテキスト丸読みではなく、分かりにくいところは詳しく教えてくれますし、難しい部分は例え話や実際にあった話を交えて教えてくれます。

テキストの中には法律用語がちらほら出てきますが、テキスト内で説明があったり先生が教えてくれたりするので、全くの法律初心者でも問題なく学べます。

くろむ
くろむ

ちょっとくらい頭が悪くても、繰り返し見ていると分かる気になる…

というか、話が難しくないのでスッと入りやすいぞ。

自分のペースでゆっくりと学べるから、動画講義は本当にありがたいね。

しかも動画はスマホやタブレットでも見れるし、なんとDLにも対応しているから、いつでもどこでも見られます。

私はあらかじめ全てDLして、バスの中やお昼休憩でも見ていました。Wi-Fiが無くても通信量を気にせず見られるのでDLがおすすめです。(動画だから容量はやっぱ大きめだけどね)

実際に使ってうれしかったところ2:確認テストの問題が充実

これはスマホの画面。

私が講義動画の次に良かったと思うところが、この確認テストの○×問題です。問題数も十分な数で、制限時間と大きな○と×が視覚的にわかりやすく、ゲーム感覚で挑戦できます。本当のゲームのような画面にすることもできるので、気分転換にもピッタリでした。

スマホ・タブレット・PCに対応してるので、こちらもどこでもできます。25問がセットだったので、全問正解だったときは達成感がありましたよ。問題は同じですが順をシャッフル出題にも出来ました。

さて次は行政書士合格道場です。フォーサイトが一番だと自分で勝手に思っていましたが、合格道場を使ってみて「やっぱり別物でためになる」と思えました。

合格道場はコスパ良し!

これは強すぎるよね。

私は合格道場のプライム会員(有料会員)ではありますが、2種類あるプランのうち安いほうに加入しました。なので合格道場の良さを完璧には実感していませんが、それでもフォーサイトとは違うと思った点もいくつかありましたのでご紹介いたします。

コースは21種類のみでわかりやすい価格設定(追記)

プライム問題集コースの価格
プライム合格セットコースの価格
くろむ
くろむ

僕は問題集コースを5月に登録したから、

6,300円だったなぁ。

この2コースの違いは「講義動画の有無」のみです。

動画だけでこんなに違うのかと思えるかもしれませんが、法律初心者の方は解説動画が無いとインプットが難しいと思います。私も講義動画を活用したのはフォーサイトのものでしたが、文字でなく口での解説が無いとわかりにくい部分は多かったです。

逆に、試験を1度経験して手ごたえを感じた方ならば問題集コースで十分です。どんどん問題を解いていきましょう。

(20/02/15追記)どうやらコースが1つになって、問題集のみになったようです。

実際使ってうれしかったところ1:練習問題の豊富さ

無料会員登録をしなくても、合格道場では年度別過去問などある程度のコンテンツを利用できます。

ですが、練習問題は上の通り問題集コースに登録しなければ利用できません。(正確には、問題は見れるけれど答え合わせが出来ない)

合格道場では過去問や練習問題あわせて約3,000問の問題が用意されています。

練習問題は多くの過去問を解いてきた私でも、全く触れたことの無い部分から出題がたくさんありました。量が多すぎて1周に膨大な時間がかかります。

くろむ
くろむ

過去問ではカバーしきれなかった部分がガッツリ出てるから、

問題を1周するころには新たな知識が身につくぞ。

これは僕もすごく実感した。解説もしっかりしてるし助かるんだ。

答えの解説がちょっと足りないかも

問題数が多いのは良いことですが、解答していると条文や判例に一言解説を加えているものが多々あります。

解説を見ても「結局どういうこと?」となることもあるので、その点は初心者にはキツいかもと思いました。

実際使ってうれしかったところ2:実質質問がタダ

やっぱり金銭的な部分は大きいの…

フォーサイトでは講座を受けた生徒が講師に質問できたのですが、合格道場で掲示板があるので、無料会員でも練習問題や過去問、法令についてなどの質問が実質タダでできます。

もちろん掲示板なので的外れな答えが返ってくる可能性もありますが、それでも私にとっては心強い機能の一つではありました。返信数もある程度あるので、無料登録だけでもしておくと良いかもしれませんね。

無料会員でも嬉しい機能がいっぱい

私は勉強1年目フォーサイト中心に利用していましたが、合格道場には無料登録しており、年度別過去問や掲示板に助けられました。

前の試験と同じ問題が解けるので、自分の実力を確かめられよく利用していました。もしこれから行政書士の勉強を始めるor合格道場を知らない方は一度HPを見てみてください。絶対にあなたの勉強の役に立ちます。

初めて法律を学ぶならフォーサイトがおすすめ!

ここまで二つを掘り下げてきましたが、今まで法律に触れることが少なかった方はフォーサイトをおすすめします。

その理由は単純で、講義動画が見やすくテキストも付いて初心者に優しい&サポート万全だから。

合格道場の講義サンプルを見ましたが、決して質が低いということはありません。動画上に分かりやすく表で書かれている部分もあり、初めての方でも安心して学べます。

しかしそれでもフォーサイトの講義動画はレベルが高いです。比べてしまうとどうしても…………。

ただ内容は大きく変わるところは無いと思いますので、講義自体の質はそれほど差はないはずです。違う部分は「動画」の質です。

まずは資料請求をおすすめします。公式ホームページから申し込めるので、是非どうぞ。

勉強2年目なら合格道場がおすすめ

ある程度の基礎知識が身に付いているのであれば、後はひたすら練習問題や過去問を解くしかないです。

実際の問題集も良いものは多いですが、テキスト3~4冊分のお金で、膨大な問題が解けてメモやチェック機能も付いている合格道場のほうが使い勝手が良いと思いました。

くろむ
くろむ

つまり、1年目フォーサイト・2年目合格道場を使った僕は

最善の選択をしたと言える!

行政書士試験の29年度の合格率は15.7%、30年度は3%減の12.7%。

そして受験者数は29年度40,449人、30年度は39,105人。

受ける人もどんどん減っています。行政書士は単体の資格で食べていくには非常に難しい資格ですが、それでも人気の下がらない…とは言えませんが、まだまだ需要のある資格です。

司法書士などに比べれば難易度は大幅に下がりますが、それでも独学では難しいです…。確実な知識を身に着けるために、講義動画などをガッツリ何度も見返して、脳ミソに刻みつけましょう…。

くろむ
くろむ

それくらいの意気込みでないと、初年度合格は厳しいと思うぞ…。

町の法律家、と呼ばれるために一緒に頑張ろうな…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました